亜輝のカッテキママニ

アクセスカウンタ

zoom RSS そりゃそうだ

<<   作成日時 : 2007/11/07 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

asahi.com より。


「正解はCMのあと」は逆効果 視聴者86%「不愉快」

2007年11月06日13時48分

 場面を盛り上げるだけ盛り上げておいてから「正解はCMのあとで」「最新情報はこのあとすぐ」。こんなテレビの「山場CM」が多い番組に視聴者が不快感を抱いていることが、榊博文・慶応義塾大教授(社会心理学)らの調査で明らかになり近著で発表された。国際比較でも日本の山場CMは欧米より格段に多い。テレビ局側の思惑とは裏腹に、そうしたCMへの好感度が低くなり商品の購買意欲も下がるという。

 榊研究室は、慶大通信教育部、文学部の727人を対象にアンケートを02年に実施。調査対象の半数近くが20代で、次いで30代が多かった。

 調査では、視聴者をCM明けまで引っ張ろうとする山場CMに対する印象として、強い肯定から強い否定まで九つの尺度で聞いた。「不愉快」について86%が肯定。CM明けのシーンの繰り返しには、74%が「イライラする」と回答した。

 山場CMを含む番組については、84%が「好感が持てない」。山場CMの商品について42%が「好感が持てない」、34%が「買いたくない」と回答。それぞれ60%前後あった「どちらともいえない」を除けば大半がマイナスの評価だった。

 話の流れが落ち着いたところで出る「一段落CM」と比較すると、山場CMが「商品を買いたくない」で3.8倍、「商品を覚えていない」も2倍と本来の効果をうち消していた。

 また、日本と欧米のテレビ番組の山場CMを02〜03年に比較した。ニュース、ドキュメンタリー、ドラマなど7分野で各国の代表的な3番組ずつを録画して比率を調べた。

 その結果は、日本の40%に対し米国は14%で、CMのタイミングが法律で規定されている英国は6%、フランスにいたってはゼロだった。

──以下略


 まあ、当然でしょう。
 僕みたいなへそ曲がりの場合、この手のタイミングで入れられたCMの間は、当然、チャンネルを変える。
 で、チャンネルを変えた先の番組をついつい見入ってしまい、「山場CM」を見る事もなければ、CM明けの番組も見逃すという、一体何をやっているのか判らない事態に陥る。
 ちなみに、どんなCMであろうと、それを見て購買意欲が湧く事は殆どない。数年に一度とかそんなものかな。
 しかも、そういう時はペプシのCMを見てコカ・コーラが飲みたくなったりとか、そんなのばっか(笑)。
 CM意味無し人間だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そりゃそうだ 亜輝のカッテキママニ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる